結婚行進曲-劇音楽「真夏の夜の夢」より~週一フレーズ

結婚行進曲-劇音楽「真夏の夜の夢」より~週一フレーズ

0 Comment

6月の結婚式は【ジューンブライド】とか言うよね。
『花嫁が幸せになれる』とか言う、例のアレ。
なんで『夫婦が幸せになれる』じゃないんだろうね。
そもそも、なぜに6月???

週一フレーズとは、毎週1曲、ループ素材+Bass演奏で創るTrackと俺が定めたもの。
【毎週水曜日に公開】【ループ素材をあれこれイジる】【ベースライン以外にもメロやコードもBassで演奏】の3点をルールとして、有名曲を1分程度の短いTrackにするのが基本(たまに違うこともアリ)。

諸説あり

気になったんで調べてみた。

女神ユーノー(Juno)由来説

ユーノーってのは、ローマ神話の女神。
ギリシャ神話だと、ゼウスの正妻のヘラのことらしい。

なんでも、ゼウスが超浮気性なのでユーノー(ヘラ)は心配&監視をして良い家庭を築くのに努力したので【結婚生活の守護神】とも言われるそうで。
で、ユーノーが6月に祭られるようになったので、後々ジューンブライドになった、という説。

6月を英語で言うと【June】。
これはユーノー(Juno)が元になったという説もあるようで。

繁忙期説

3~5月は農作業が忙しいので結婚が禁止だった時代がヨーロッパにはあるそうで。
3~5月は結婚出来ない⇒6月は待ちに待った結婚式⇒そういうカップルが多い⇒街中が幸せな空気⇒6月の花嫁は幸せになる、みたいな。

天気いい説

ヨーロッパの6月は非常に天気がいいそうで。
映画やドラマでよく見るような結婚式って、教会で誓いを立てた後に外に出てきて花束投げて・・・みたいな感じだもんね。
そりゃ、晴れてる方がいいもんなぁ。

日本だと

上の3つの説はすべてヨーロッパ。
そこに目をつけた某ホテルの副社長が
『ヨーロッパだとジューンブライドって言って、6月に結婚式を挙げると幸せになれますよ!』
という宣伝を打って梅雨時期で売り上げが伸びなかった6月の売り上げ大幅UP。
そこから日本でもジューンブライドが根付いたとか。

余談

全然関係ないけど【セトギワ花ヨメ】というコミックス(4コマ漫画)が好きです。
依頼者のことをとことん思ってウェディングドレスを作る話。
いろんなアイデアが毎回出てきて、何らかを創る者としても非常に面白いので、興味がある方は一度手にとって読んでみてくださいな。

結婚行進曲-劇音楽「真夏の夜の夢」より

曲の解説をしてなかった(^^ゞ
結婚式と言えばワーグナーの結婚行進曲か、今回の【メンデルスゾーンの結婚行進曲】か。
だれでも聴いたことある曲ですねぇ。

例の如く一部抜粋&アレンジしての演奏です。

主使用機材

動画

譜面

今回のテーマは、やっぱ【オクターブスラップ】かなぁ。
スラップを弾くなら必ずと言ってもいいほど出てくるパターンだしね。
その分、腕というか技術やグルーヴが現れるところでもあるかと。
音の切り方、粘らせ方なんかはまさしく十人十色だもんね。
個人的には、粘らせつつもキレがいい感じで弾くのが好きだし、目標でもあります。

ちなみに、後半はここ最近の継続テーマでもある【コードトーン】。
やっぱ、1つのコードからどれだけのパターンのベースラインを作れるかはBass弾きの腕の見せ所の1つかと。
そのためには、コードをどれだけ知り尽くしても知り足りないよね。


各SNSやってます。
フォローや申請はお気軽に^^
アダルト系や宣伝目的、胡散臭いアカウント以外は基本的に承認・フォロー返ししてます。
(メッセージいただければ安心して承認できます)
よろしくです^^

LINEで送る
Pocket

One response on “結婚行進曲-劇音楽「真夏の夜の夢」より~週一フレーズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です