bx_rockrack V3 Playerを使ってみた

0 Comment

今回の無償配布プラグインはbx_rockrack V3 Playerです。
簡単に言うとGt用のアンプシミュレーター、かな。
いわゆる『打ち込み』で作ったGtフレーズって、アンプの空気感が足りないせいか物足りないんだよね。。。
もちろん、最近の打ち込み用音源はよく出来てるんだけど、バンド育ちの俺としてはやっぱり物足りなさを感じることが多いのが正直なところ。

さて、このbx_rockrack V3 Playerはどうかな?
とか言いつつ、ほとんどBassにかけてるけど笑

Brainworx bx_rockrack V3 Player

落として、入れて

ダウンロードはbx_rockrack V3 Playerにアクセスして、ページ下部のダウンロードリンクから。

落としたファイルを解凍してインストール。
問題なくインストールが終われば、DAWのプラグインフォルダに表示されるかと。

ダウンロードにはアカウントとかはいらないけど、プラグインを使うときには必要です。
アクティベートのために最初だけ。

使ってみた

文頭で【Gt用】って力いっぱい書いたけど、Bassにかけてもいいじゃない。
もちろん、打ち込みのGtフレーズにも。

感想

あくまで【Player】というFreeバージョンなんで、つまみをいじったりなどは無理。
いじりまくりたい場合は製品版のbx_rockrackを購入しなくちゃ、です。

でも、プリセットは(数え間違いがなければ)なんと26パターン!
なんつうか、太っ腹だよねぇ。
使ったのは、26パターンの中から6パターン。
内訳は打ち込みGtに1パターン、Bassに5パターン。

つまみをいじれないのは、やっぱり『製品版が欲しい!』と思わせますなぁ。
商売上手www
入門編としてこれを使って、欲しい人は製品版を買えばよろしいかと。
これだけに頼るわけじゃないから、他のエフェクトと組み合わせればFree版だけでも十分かもしれない・・・上手く組み合わせ出来れば、だけど。

インストールして損は無し、だね。


各SNSやってます。
フォローや申請はお気軽に^^
アダルト系や宣伝目的、胡散臭いアカウント以外は基本的に承認・フォロー返ししてます。
(メッセージいただければ安心して承認できます)
よろしくです^^

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です