ベースライン制作所~ルート音

ベースライン制作所~ルート音

0 Comment

Bass弾きなら避けては通れない知識の1つが【コード】。
とくにルート音は、基本中の基本と言っても過言ではないかな、と。

【ベースラインの作り方】を主軸に記事を書くカテゴリー。
具体的な作り方よりも、Bass弾きの考え方とか頭の中を覗く視点が多いかも。

根っこ

『コードの詳しいことがわからない』って人は、【ルート音とはコードの大文字アルファベット部分】って思っておけばとりあえずはOK。
ただし、コードに関しての探究心が無い人はBass以外の楽器(というか打楽器?)をおススメします(^^ゞ
少なくともバンドでBassを弾きたいって思ってるならコードの知識は必須

基本は低音

まずは実際に音を出すときの話。
これはあくまで【基本】です。
当然ながら【応用】もあります。

コードを提示されたとき、ルート音だけで攻めるならだいたい3,4弦の開放~6f程度で事足りちゃいます。
ピアノロールで言うと【E1~D#2】の音。
(もう一回書くけど、あくまで【基本】の話ね)

GtとBaって1オクターブしか違わないから、少し高い音を使うと音程的にはGtにかぶることになっちゃうんだよね。
なので、Bassの仕事をシンプルに遂行したいんだったら低音域を使うのが早いというか、王道。

ルート音の意味

コードってのは【ルート音】の上に音を乗せていくことによって完成されるもの。
その【音の乗せ方】によってメジャーやマイナー、7や6や9、add9やらなんやらかんやらとコードの響きが変わります。

じゃあルート音が無かったら??

ルート音をはずしちゃうと、場合によっては別のコードになったりします。
C△7はEmに、Dm7はFに、Em7はGになっちゃいます。
メジャーとマイナーが入れ替わるってことは、曲の雰囲気が変わっちゃうってこと。
これはかなりの大ごとですwww

Bass弾きの基本の仕事、【コード感をつかさどる】ってのはこの辺にもあるんですねぇ。
『Bassがコードを導いてくれる』と、他のメンバーは思ってたりするわけです。

全員がルート音を弾いてはいない

ルート音をはずすと、場合によっては別のコードになったりするってことを上に書きました。
でも、バンドメンバー全員が必ずルート音を弾いてる、というわけではないのです。
暗黙の了解と言うか、カッコつけた言い方をすると音の会話でなんとなくわかると言うか。

Gt『Bassがルートを刻んでるから俺はメロディで遊ぼう』
とか
Key『Baがルートを、Gtがメロを弾いてるから、僕はルート抜きのコードで厚みを出そう』
とか感じながら弾いてるわけで。

もちろん
Gt『Bassがメロを弾いてるから、俺がコード感をしっかり出そう』
って思ってくれてる場合もアリ。

目的は【曲】

最終的に曲がカッコよくなればいいわけで。
Bassがルート音を弾いても弾かなくてもイイと言えばイイんです。
が、そこにはやはり【音の会話】が必要にはなります。
あるいは曲が終わった後のダメ出しとかも、ねwww

最初っから応用というかテクニカルなことが出来る人も、たしかにいます。
でも、そういうタイプの人がバンドをやると、本当の意味で上手い人にはすぐ見抜かれます。
テクニカルなことが出来るのって確かに気持ちいいし練習も楽しいんだけど、バンドで求められることに応えられるかどうかは別の話。

コードの根っこであるルートをしっかり出せるか否かはBass弾きの価値に大きく関わるところ、だと俺は思ってます。
そこが曲の出来・不出来に大きな影響を与えるからね。

ただ、ルート音に縛られてばかりいると面白い(耳に残る)ベースラインを産み出せなかったりもするんだよねぇ。。。
面白いね、音楽って笑


SNSやってます。
フォローや申請はお気軽に^^
アダルト系や宣伝目的、胡散臭いアカウント以外は基本的に承認・フォロー返ししてます。
(メッセージいただければ安心して承認できます)
よろしくです^^

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です