ベースライン制作所~伸ばす

0 Comment

小節単位のロングトーンって簡単・・・に思えるけど、そうじゃない。
【休む】同様に、難しさを感じるフレーズなんですわ。
ロングトーンの1発目の頭とケツ。
次のロングトーンの頭、そしてケツ。
さらにその次の音の頭。
ロングトーンは1度弾いたら誤魔化しが利かないから、刻みよりもさらに一音ずつが勝負所。

文末に、この記事で使ってるMIDIデータを置いとくので、必要であれば遠慮なくダウンロードをどうぞ。

使用機材は
DAW:Ableton Live9
Bass:Sire M7 5st Ash
です。

伸ばしてみる。

お題は変わらず、カノン進行です。
このコード進行は覚えておくといろいろ便利なんで、しばらくこれを使います笑

ベースを入れるとこんな感じ。
ボ~~~ンですな。

この音源のBaは俺が弾いてます。

前か後ろか

ロングトーンをどう弾くか、ってのはロングトーンのパートの前後が重要なので決まった型はないんだけど、ある程度のパターンは存在しています。

前へ

たとえば、前エントリーからの続きでロングトーンを弾くとしたら。
一発目のボ~~~ンはジャストのタイミングで弾いて勢いを出すかな。
ロングトーンパートの続きが曲本編と考えるなら、後半の4小節は少しだけ突っ込み気味&音量も大きめで弾くかも。

後ろへ

逆に、ロングトーンパートの続きがエンディングに向かうのであれば、前半はジャストで弾いて曲の余韻を残して、後半はだんだん溜め気味&やさしいタッチで弾くと思う。

ややおおげさに弾いてはいるけど、そこまで前や後ろにいかないのでわかりづらいかなぁ。
でも、わかる人にはわかるかと。
はっきりわかるほどにズラしたら前や後ろの問題じゃなくて、タダの【ズレ】なのでね。

それと。
前や後ろにこだわるなら【曲やフレーズの中でジャストの部分を作る】ことをおススメします。
ジャストがあるから、前や後ろを感じやすくなるんで。

打ち込むなら

ベタ打ち

先に実際にBassを弾いて作った音源を打ち込みで再現するなら。
まずはベタ打ちしてみましょう。

打ち込みには、シンプルに【Electric Bass】を使いました。

ベタ打ちってことは、音量は一定でタイミングもすべてジャスト。
これがいい場合もあるけど、ここに色気を足しましょうってのが今回の話だから、ちょっといじってみます。

突っ込み気味

【突っ込み気味】ってのは【前】ってことだから、そのまま発音タイミングを前に。
音量もヴェロシティをいじればOKだから、後半の4小節を少し大きめに。

溜め気味

【溜め気味】は【後ろ】だから、発音タイミングを後ろに。
【やさしいタッチ】を再現する場合、一番簡単なのはEQでHighを微妙にカットすることかな。
【やさしいタッチ】ってのは言い換えると【エッジが立ってない音】とも言えるから。
やさしくしたいのは後半だけなので、EQにエンベロープを書き込んで前半と後半でEQに違いが出るように設定。

どうすか?ベタ打ちよりはいいでしょ?
もし『ちまちま打ち込むとか大変!誰か弾いてくれ~!!』って場合は、俺に連絡してください笑

ダウンロード

今回作ったMIDI音源のダウンロードはこちら↓


各SNSやってます。
フォローや申請はお気軽に^^
アダルト系や宣伝目的、胡散臭いアカウント以外は基本的に承認・フォロー返ししてます。
(メッセージいただければ安心して承認できます)
よろしくです^^

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です