バンドマンのためのAbleton~Spectrum

0 Comment

Mixや、(音調整という意味での)Masteringは耳でやるもんです。
とは言え、その作業は慣れや経験がモノを言う作業でもあるわけで『難しい!!!』ってなってる人も多いかと。
(俺もなる(-_-;))
なかでも一番難しく感じるのが『他の環境だとどう聴こえる??』ってヤツじゃないかなぁ?

目で見る

耳だけだと難しいなら、目も使えばいいんじゃね?という話。
目に頼りすぎるのはよくないけど、目でも確認することで仕上がり具合を確認出来れば楽だよね?

そんなあなたに【Spectrum】。

Spectrum

ブラウザのAudio Effectsから【Spectrum】を探し出し、Masterトラックへインサート。
曲を流せば、周波数が分析されたグラフみたいな画像を見ることが出来ます。
▼をクリックすれば拡大表示。

『ここの音域が出てないな~』なんて気になる部分にマウスカーソルを合わせれば、左下に情報が表示されます。
情報は【周波数帯】【音程】【音量】。
これを元に『Bassをもう少し上げてみよう』とか『シンセをもう少し下げてみよう』とか出来るわけです。

自分が好きな曲を取り込んでSpectrumを使って分析するのもいい勉強になるよね。

くどいけど

くどいけど、あくまで目で見るのは【補助】。
耳を育てないと、後々苦労するよ(^^ゞ


 

バンドマンのためのAbleton記事一覧≫


各SNSやってます。
フォローや申請はお気軽に^^
アダルト系や宣伝目的、胡散臭いアカウント以外は基本的に承認・フォロー返ししてます。
(メッセージいただければ安心して承認できます)
よろしくです^^

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です