バンドマンのためのAbleton~薦める理由

0 Comment

やっぱりAbleton Live

『弱点』と称してAbleton Liveにない機能などを書いたけど、そんな弱点を踏まえてもやっぱりAbleton Liveって面白いDAWソフトだと思う。
アンケートで上位にいるのがその証拠。

SynthtopiaでのDAWアンケート(海外)≫

で、おススメする理由を俺なりに書いていきますよ。

セッションビュー

これこそがAbleton Liveの特徴
エクセルのようなマス目の中にMIDI、あるいはAudioデータを格納可能。
縦列は1つずつしか鳴らせないけど、横列は同時に鳴らすことが出来るのでアレンジを練ったりクリップと呼ばれる短いフレーズを作り溜めたり作りこんだりするのにすごく便利。

メンバーが持ってきた新曲に合うベースラインを何パターンか作って試すことってよくある話。
こういうとき、Track1のスロット(マス目)に新曲の音源を入れ、Track2のスロットにベースラインを溜め込んでいけば、何パターンも何十パターンも試すことが楽に出来ますよ。

クリップにはエンベロープ(音量やパンなどの情報)を書き込めるので、トリッキーなフレーズを作る事だって可能。
これも何パターンも試してから決定することが出来るってわけ。

セッションビューはAbleton Live独自の機能なので他のDAWから乗り換えた人は口をそろえて『戸惑う』って言うけど、一度これに慣れちゃうと他のDAWでTrackmakeしようとするときに『セッションビューがない場合はどうやるんだっけ?』ってなっちゃいます。(俺調べ)

軽い

『動作が軽い』ってのがAbleton Liveへの安定した評価。
もちろんPC環境にもよるので必ずとは言い切れないけど、本当に軽い部類かと。
必要スペックも有名どころの中では低めでOKだしね。

エンジニア目線にあらず

エンジニア目線で設計されているDAWも多いけど、Ableton LiveはDJ目線
つまり『こうやったら面白そうじゃね?』っていう感覚でいじれるってこと。
(だいぶ乱暴にまとめております。)
ほとんどの操作がドラッグ&ドロップでOKなのもLiveらしいところ。

音楽には基本と言うか王道の作曲方法やエフェクターの扱いってのがあるけど、まさかの方法・組み合わせで新しいジャンルを開拓することがあるのも、これまた音楽。
まさかの方法・組み合わせを探すための試行錯誤にストレスを感じない環境って大切でしょ?
Ableton Liveならその環境が準備されてると言っても過言ではないかと。

Pack

Ableton Live独自の音源形式、とでも言えばいいのかな。
インストゥルメント、エフェクト、サウンドのパッケージのこと。
この形式がAbleton Liveの軽さの理由の1つなんじゃなのかも。

有償・無償があって、ともにAbleton公式サイトからダウンロード可能。
インストールは立ち上げたLiveの上にドラッグ&ドロップすればOK。

あ、もちろんVstやAUプラグインも使用可能
ご安心を。

Max For Live

MaxというのはCycling ’74という会社が作ったソフトで、プログラミングのためのもの
プログラミングと言っても文字をひたすら打っていくようなものではなくて、パーツを結線していくことでサウンドやエフェクター、合成映像なんかを作ることが出来る優れもの。
で、このMaxがMax For Liveという名でLive9 Suite(Liveの最高位バージョン)には同梱されているのです。

つまり、使い方さえ覚えれば自由にサウンドやエフェクターなどを作ったり、VJのような環境が手に入るってこと。
ちなみにMaxは現在バージョン7で、パッケージ版を買うと5万円以上。
それが同梱ってすごいことだよね。。。

ではプログラムが出来なきゃその恩恵に預かれないかというと、そんなことは無い。
Ableton公式サイトで入手できるし、他にはmaxforlive.comってのがあってここには世界中からMax For Liveで作られたサウンドやエフェクターが集まってきてるから、正によりどりみどり。
文字だけだとピンとこないかもだけど、使い始めると便利さがよ~くわかる・・・はず。
(Max For Liveについてはいずれ詳しく書きますです。)


ざっと書くと、Ableton Liveの魅力はこんな感じ。
でもやっぱり書き切れないね。。。
魅力はもっとたくさんあるので、それはおいおいってことで。

バンドマンのためのAbleton記事一覧≫


各SNSやってます。
フォローや申請はお気軽に^^
アダルト系や宣伝目的、胡散臭いアカウント以外は基本的に承認・フォロー返ししてます。
よろしくです^^

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です