バンドマンのためのAbleton~One-shotを伸ばす(音)

0 Comment

ちょっとしたアクセントだったり繰り返しのフレーズに変化をつけたりなど、けっこう使いどころがある割には、慣れるまで使いづらいかもしれないね、One-shotって。
少なくとも俺は、ずっと『どうすればいいんだ?』って思ってました(^^ゞ
最近ちょっと慣れ始めたので、メモがてら書いておきます。

関連記事はこちらです。

パッをパワワワワに

今回は週一フレーズ【春の小川】で使った方法を元に書きますね。
Introで使ってます。
『パッ』とか『パワワワワ』って音です。

単品で聴くとこんな感じ。

『パッ』を加工して『パワワワワ』にしてるんです、これ。
波形で見ると、こう。

バンドマンのためのAbleton~One-shotを伸ばす(音)

Warp(ワープ)

使うOne-shotは【Packs⇒Beat Tools⇒Samples⇒One-Shots⇒Orchestral⇒Harp Chop 01.aif】。
アレンジメントビューの方がやりやすいかな~と思ってるので、今回はアレンジビューでやりますね。

Harp Chop 01.aifをブラウザからドラッグ&ドロップします。
【Warp】を押してテンポと同期させます。

同時に、これでワープマーカーを追加できるようになります。
音の終了点をダブルクリックしてワープマーカーを追加。

ワープマーカーを右方向に【1.2】の下までドラッグして音を伸ばします。
エンドマーカーも同様にドラッグ。

ここまで出来たら一度再生してみます。
『パッ』が『パワワワワ』になったはずです。
でもこれだけじゃ、俺の頭の中の音と違ったのでもうひといじり。

Rev. / 複製 / フェード

Ableton Liveだと、1クリックでクリップを逆再生に出来ます。
それが【Rev.】ボタン。

これを【Ctrl+D / Cmd+D】で複製し【Ctrl+J / Cmd+J】で結合。

【フェード】を使ってフェード・インにします。

これで、今回は完成。

どうでしょ?
単なる『パッ』が『パワワワワ』になったでしょ?

たとえばアルバムの1曲目。
収録曲を使って耳をひくIntroとか作れるよね、これ。

こういう加工を覚えていくと、音イジリが楽しくなるはず。
というか、俺はバッチリとハマってます笑


 

バンドマンのためのAbleton記事一覧≫


各SNSやってます。
フォローや申請はお気軽に^^
アダルト系や宣伝目的、胡散臭いアカウント以外は基本的に承認・フォロー返ししてます。
(メッセージいただければ安心して承認できます)
よろしくです^^

LINEで送る
Pocket

One response on “バンドマンのためのAbleton~One-shotを伸ばす(音)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です